2010年06月22日

最近、疲れるます

いよいよ、今週から神保町シアター勤務。
映画館勤務って、中野武蔵野ホール以来だから、20年もたつ。
しかし、まあ、あんまり、変わらないので、ほっとする。
相変わらず、女子は魔女だらけで、新宿武蔵野館時代を思い出す。
大学時代から、習志野映劇、自由が丘ムサシノカン、大井ムサシノカン、中野武蔵野ホールと、シネマアルゴ新宿と、
ずいぶん、映画館をつぶしてきた。
ここは、終の棲家にしたいもんだ!
posted by takoshacho at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月21日

母の退院

母が入院してる間に、中古ビデオを10箱はおくった。
退院して、家に入るなり、驚いて、また、骨折したら大変です。
「リオロボ」や「真昼の死闘」や、60年代末期の嬉しいビデオが出てきた。しかし、いつみれるのだろうか?
posted by takoshacho at 22:38| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

2010年06月16日

神保町シアター、緊急トーク決定!

6月19日(土)川本三郎編・映画少年の夢
で、小沢昭一さんが5時45分の主演映画「サラリーマン悪党術」の上映終了後に、トークショウ有ります。
 麻布学園の話や、ご自身の映画の話や、とっておきの話が聞ける機会です。是非、皆様、この貴重な機会にお越しください。
posted by takoshacho at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

磯田勉さん、電話料金払ってください

今日から止まってます。
事前に言っていただければ、なんとかします。
もう、長電話はしません。
映画ライターなんですから、電話は止めないでください。
ツイッターもできないですよね
posted by takoshacho at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月11日

喜劇映画特集もいよいよ、ラストです

森光子主演の「なんじゃもんじゃ」。
最近、上映中に、訃報が入ることが多いんですが、大丈夫ですよね。
立川談志出演「昭和元禄ハレンチ節」。
談志さん、大丈夫ですよね!
posted by takoshacho at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月09日

神保町シアターに小林聖太郎やってくる

「人も歩けば」観ようと思ってたら、時間間違えて、「陽気な未亡人」を観てました。
いよいよ、2年越しの企画が8月にインするらしい。
ライバルは・・・・。
映画監督サバイバルも大変だ!
ガンバレ、聖太郎!
posted by takoshacho at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月07日

中古ビデオ、預かってください

いやあ、実家や日本映画学校の奴隷たちにおくってもまだ、3箱はあります。
松江くんや、磯田さんや、もう、もらってくれません。
名探偵コナンテレビ版や、パトレイパーのOV版など、はずれもありますが、「盲獣」や「直撃地獄拳」もあります。是非、我こそは、中古ビデオのテロを受けてみたい人いませんか?
posted by takoshacho at 23:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年06月06日

ジャンヌダルク増山!次なる野望は?

今、アップリンクで、朝10時30分より、アンコール上映の「桃色のジャンヌダルク」!
もしかして、上映中に、立候補決定のニュースが流れるかもしれません。
まあ、以前、ブラック師匠の選挙騒動もありましたから、くれぐれも、あらずに、願いたいもんです
posted by takoshacho at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月03日

喜劇・冠婚葬祭入門、今日も大入り!

神保町シアターの夜の回、70人以上来る。
今回、ニュープリント化した「縞の背広の親分衆】よりもよい成績。
やっぱり、ちあきなおみ出演のせいなのだろうか?
明日、「日本ゲリラ時代」最終上映です。
「破天荒すぎる」とか、はたまた、「こんな過激な喜劇みたことない」とか、賛否両論です。
今思うと、森崎東監督の処女作のような映画です。
posted by takoshacho at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月30日

母の居ぬ間に・・・

実家に中古ビデオ、2000本送る。
c・イーストウッド「真昼の死闘」、『ひらけチューリップ」、「惑星ソラリス」、「太平洋の地獄」ほか。
お宝ビデオ満載。しかし、いったい、いつ見れるのだろうか?
posted by takoshacho at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記