2010年06月22日

最近、疲れるます

いよいよ、今週から神保町シアター勤務。
映画館勤務って、中野武蔵野ホール以来だから、20年もたつ。
しかし、まあ、あんまり、変わらないので、ほっとする。
相変わらず、女子は魔女だらけで、新宿武蔵野館時代を思い出す。
大学時代から、習志野映劇、自由が丘ムサシノカン、大井ムサシノカン、中野武蔵野ホールと、シネマアルゴ新宿と、
ずいぶん、映画館をつぶしてきた。
ここは、終の棲家にしたいもんだ!
posted by takoshacho at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月21日

母の退院

母が入院してる間に、中古ビデオを10箱はおくった。
退院して、家に入るなり、驚いて、また、骨折したら大変です。
「リオロボ」や「真昼の死闘」や、60年代末期の嬉しいビデオが出てきた。しかし、いつみれるのだろうか?
posted by takoshacho at 22:38| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

2010年06月16日

神保町シアター、緊急トーク決定!

6月19日(土)川本三郎編・映画少年の夢
で、小沢昭一さんが5時45分の主演映画「サラリーマン悪党術」の上映終了後に、トークショウ有ります。
 麻布学園の話や、ご自身の映画の話や、とっておきの話が聞ける機会です。是非、皆様、この貴重な機会にお越しください。
posted by takoshacho at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

磯田勉さん、電話料金払ってください

今日から止まってます。
事前に言っていただければ、なんとかします。
もう、長電話はしません。
映画ライターなんですから、電話は止めないでください。
ツイッターもできないですよね
posted by takoshacho at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月11日

喜劇映画特集もいよいよ、ラストです

森光子主演の「なんじゃもんじゃ」。
最近、上映中に、訃報が入ることが多いんですが、大丈夫ですよね。
立川談志出演「昭和元禄ハレンチ節」。
談志さん、大丈夫ですよね!
posted by takoshacho at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月09日

神保町シアターに小林聖太郎やってくる

「人も歩けば」観ようと思ってたら、時間間違えて、「陽気な未亡人」を観てました。
いよいよ、2年越しの企画が8月にインするらしい。
ライバルは・・・・。
映画監督サバイバルも大変だ!
ガンバレ、聖太郎!
posted by takoshacho at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月07日

中古ビデオ、預かってください

いやあ、実家や日本映画学校の奴隷たちにおくってもまだ、3箱はあります。
松江くんや、磯田さんや、もう、もらってくれません。
名探偵コナンテレビ版や、パトレイパーのOV版など、はずれもありますが、「盲獣」や「直撃地獄拳」もあります。是非、我こそは、中古ビデオのテロを受けてみたい人いませんか?
posted by takoshacho at 23:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年06月06日

ジャンヌダルク増山!次なる野望は?

今、アップリンクで、朝10時30分より、アンコール上映の「桃色のジャンヌダルク」!
もしかして、上映中に、立候補決定のニュースが流れるかもしれません。
まあ、以前、ブラック師匠の選挙騒動もありましたから、くれぐれも、あらずに、願いたいもんです
posted by takoshacho at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月03日

喜劇・冠婚葬祭入門、今日も大入り!

神保町シアターの夜の回、70人以上来る。
今回、ニュープリント化した「縞の背広の親分衆】よりもよい成績。
やっぱり、ちあきなおみ出演のせいなのだろうか?
明日、「日本ゲリラ時代」最終上映です。
「破天荒すぎる」とか、はたまた、「こんな過激な喜劇みたことない」とか、賛否両論です。
今思うと、森崎東監督の処女作のような映画です。
posted by takoshacho at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月30日

母の居ぬ間に・・・

実家に中古ビデオ、2000本送る。
c・イーストウッド「真昼の死闘」、『ひらけチューリップ」、「惑星ソラリス」、「太平洋の地獄」ほか。
お宝ビデオ満載。しかし、いったい、いつ見れるのだろうか?
posted by takoshacho at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月29日

今日のツイッター 神保町シアターの日本ゲリラ時代は、すごい

とにかく、必見。
森崎東脚本を、堂々と渡辺祐介監督が撮ってる。
森崎東監督が乗り移ったかのように、もうひとつの森崎映画になっていた。
しかし、こんなアナーキーな松竹映画観たことない!
posted by takoshacho at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月27日

ツイッターブーム・・・

今や、瀬々監督、宣伝はツイッターらしいです。
ツイッターにも裏もあるらしいので、大変ですよ。

今日のツイッター、「神保町シアターの日本ゲリラ時代は幻の森崎東脚本映画で、日本脱出を試みるアナーキーなチンピラ達の話です。おそらく、20年以上劇場では上映されてません。もちろん、DVDにもなってません。
見逃すと、シネフィ失格だよ!」
posted by takoshacho at 23:22| Comment(57) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月25日

瀬々監督、50歳の誕生日おめでとうございます

バースディパ―ティは妻夫木さんgakutoさんや、哀川翔さんらに囲まれ、ホテルで、盛大にやってるんでしょうか?
呼んで欲しいなあ・・・。瀬々監督、プレゼントはおなじみB級グルメ詰め合わせ贈りますね
posted by takoshacho at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月21日

神保町シアターの宣伝です

23日五時四五分の「九八のゲーブル」上映終了後、監督と高平哲郎(演出家・編集者)のトークあり。
撮影の当時のまだ、「笑っていいとも」以前のタモリさんの話など隠れたエピソードを披露されます。
posted by takoshacho at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

いよいよ、神保町シアターの喜劇も2週目に入ります@

まずは、「喜劇・駅前漫画」だ。
駅前シリーズの皆様とおそ松くんやオバQとの共演が見ものです。
当時の実写とアニメの合成技術が違和感なかったのを子供心に覚えてます。
posted by takoshacho at 17:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年05月20日

母の入院と水木洋子記念館

5月14日、水木洋子記念館近くの京成線の線路近く、自転車を転倒させて、入院する。
骨折をし、すぐ、手術。なんとか、もう、元気になりましたが、皆さん、水木洋子記念館の行く時は、歩いて行きましょう。京成線は、ほんと、恐いです。
posted by takoshacho at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月15日

神保町シアター、「雲の上団五郎一座」ピカピカにきれいなプリントです

以前は、退色したぼろプリントしかないと聞いたんですが、ニュープリントされたようです。
これは必見です。
おそらく、「極楽島物語」もきれいなプリントです。
インファント島の原点がきれいなプリントでよみがえります。
「東京5人男」、列車のミニチュアや、台風のシ―ンのミニチュアや、円谷特撮の力がすでに戦後半年で発揮されてます。
特に、冒頭の富士山をバックに列車が走ってるカットは、まるで、実景のような出来ばえです。
posted by takoshacho at 15:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年05月13日

円谷英二ファン、必見!

5月15日〜21日、神保町シアター「喜劇映画パラダイス」で、円谷英二の特撮が見どころに「東京五人男」と「極楽島物語」を上映します。円谷特撮というと、怪獣映画や戦争映画が代表作ですが、本作のような、一般映画に、さりげなく、円谷特撮のリアリズムが観られるのは貴重です。
めったに劇場では見られない作品ですし、DVDにもなってません。
詳細は劇場ホームページで、ご覧下さい。
posted by takoshacho at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ヨコハマメリーの監督と呑む A

今、捕鯨ドキュメンタリー「コーヴ」が話題だが、2年前は「靖国」事件で、我々は大変だった。
まあ、右も左も入り乱れて、マスコミに翻弄され、さらしものになり、一日中、トイレに逃げ込んだ日もあった。
5キロは運動もせずに痩せたもんだ。しかし、よくぞ、あの地獄の日々から脱出できた、もんだ。
良い人も悪い人が出てきたり、本性みたり、と、思う人もいた。
あの頃の話は今なら小説になるよね、と、酒の肴になってました。
posted by takoshacho at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月12日

ヨコハマメリー監督と呑む

久しぶりです。
すっかりやせてました。
ドキュメンタリー監督はやめるといってました。
まあ、早く、現場復帰してほしいです。
詳細はキネ旬の連載で読もう!
posted by takoshacho at 23:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記