2009年10月17日

「幽霊列車」の巻

本日の「神保町シアター」の鉄道映画紀行、川島雄三作品ということもあって、一回目、二回目も満席。三回目の「幽霊列車」デジタル上映ながら、フイルムと変わらぬ状態で上映でき、お客様 大満足。山田宏一さん来たる。しかし、「幽霊列車」、意外な拾い物で、脚本を小国英雄が書いていて、まるで、あの黒澤明の「暴走機関車」の原点ともいえる作品でした。加藤泰が助監督でした。
posted by takoshacho at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記