2009年10月31日

神保町シアター江戸検定、覆面上映会

11月1日(日)18時半。
カツシン、池広一夫監督の傑作時代劇です。
めったに上映されない快作らしいです。
一般の方も、満席でなければ、入れます。
当日、細谷が受け付けにいますので、声掛けてください。
posted by takoshacho at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月30日

へんりっく、いよいよ、最終週です。

10月4日までの上映です。
31日は日野利彦さん、11月6日は瀬々敬久監督がゲストです。
「寺山修司の弟」偏陸さん、一体、おまえは誰なんだ!
乞うご期待!
posted by takoshacho at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月28日

ヨコハマメリー中村監督と呑む

ますます、痩せこけて、心配。
ボクシングジムに通ってるから、とはいえ、痩せすぎ。
瀬々監督、ボクシングエクササイズですよ。
posted by takoshacho at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月27日

神保町シアター、今日も満席!

「飢餓海峡」12時の回、満席。
「約束」なんと、ニュープリントでした。
「約束」DVDも出てません。
もっと、評価されていい作品です。
今、リメークに向いてると、思いませんか?
瀬々監督いかがでしょうか?
秋吉とジャニーズの岡田君なんかのコンビで再映画化は?
でも、これって、原案は韓国なんです。
posted by takoshacho at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月24日

1982年の「俗物図鑑」

練馬区立春日青少年館で、映画村の小野田君が内藤誠監督の「俗物図鑑」の上映をした。
今をときめく、田口トモロヲさんの映画デビュー作らしい。1億かかる題材を600万でやったという。たしかに、プロの自主映画。本物の評論家のひとたちが評論家を演じるのだが、動きのある芝居ができないから、アップばかりで、今見ると辛い。でも、平岡正明さん、竹中労さん、山城新伍さんら、鬼籍に入られた方が多く、感銘深く見る。
今、30年後の「俗物図鑑」の話があるらしいが、楽しみです。

終わった後、元映画村の大川、木嶋さんと、一杯と、町に繰り出すが、飲み屋がこの町にはない。
で、町でひとつの居酒屋は満席、仕方いないので、向かいの、地元の呑み屋に入った。
これが、大正解。お通しも豪華で、おでんの盛り合わせ、ゴーやチャンプルと、日本酒、ビール飲んで、たらふくで、3人で、6000円とは、びっくり。
とっても、良い気分で、練馬区を出ました。
posted by takoshacho at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月23日

神楽坂恵、癒される

10月24日アップリンクXにて、「童貞放浪記」の上映前の12時45分に神楽坂恵嬢の挨拶あり。こちら、巨乳系の癒しです。
posted by takoshacho at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

かすみ果穂に癒される

黒川幸則の「夜のタイ語教室・行くまで我慢して」を監督夫人、本作の脚本の星崎久美子、イソピーさんらと観る。結婚をマジかに控えた女の子がセックスに翻弄され、さまよってる姿をホンワカしたタッチで描く。生活感を抑えた透明感のあるタッチは黒川映画だった。
イソピー曰く「かすみ果穂の美乳をうまくとってますね」
ほんと、果穂ちゃんにはまりました。
posted by takoshacho at 10:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年10月21日

内藤誠監督とのこと

もう、学生時代からの付き合いで、石井輝男監督がトークに行きたくないというので、
脚本家桂千穂さんと内藤誠さんにお願いしてからだから、30年ちかくなりますが、
今度、10月24日(土)練馬区春日町青年少年館(3998)53411
4時〜6時映画『俗物図鑑」上映後、ルポライター高部雨市さんと内藤監督のトークがあります。入場無料です。
内藤監督、加賀まりこの若かりし青春時代を映画化する話、どうなったでしょうか?
posted by takoshacho at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月19日

大久保佳代子劇団で、天才光浦靖子発見!

第一回公演大久保佳代子劇団「尼の恥美」のゲネプロに潜る込むことができました。
元オホホ商会のりんこちゃん(元劇団女王陛下)からの嬉しい誘いだった。
いやあ、楽しい舞台だった。
勘違いブスの大久保さん演じる女性のまさに半世紀を、歌と踊りと、アクションを交え、はやりの小劇場のテイストも入れて、ハチャメチャで、ダイナミックな舞台でした。

エンデングの歌「セックスが好き」では、場内、大合唱。
宮崎吐夢の客演も楽しい。

はやく、二回目の公演が見たいです。

も一度言う、「天才だ!光浦靖子!」
posted by takoshacho at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月17日

「幽霊列車」の巻

本日の「神保町シアター」の鉄道映画紀行、川島雄三作品ということもあって、一回目、二回目も満席。三回目の「幽霊列車」デジタル上映ながら、フイルムと変わらぬ状態で上映でき、お客様 大満足。山田宏一さん来たる。しかし、「幽霊列車」、意外な拾い物で、脚本を小国英雄が書いていて、まるで、あの黒澤明の「暴走機関車」の原点ともいえる作品でした。加藤泰が助監督でした。
posted by takoshacho at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月16日

当社宣伝情報の業務連絡です。

@ 本日、10月16日イメージフォーラム「へんりっく 寺山修司の弟」の上映前20時50分より、イラストレーターの宇野亜喜良さんのトークあり。

A 神保町シアターの「鉄道映画紀行」で明日から上映の「幽霊列車」が諸般の事情により、デジタル上映になりました。ご了承ください。
 お陰様で「故郷は緑なりき」、毎回、大盛況でした。
22日には、12時からの上映の「喜劇・急行列車」の上映終了後に、瀬川昌治監督の挨拶があります。瀬川監督は、神保町在住で、今、自宅の瀬川ビルで、ワークショップを開催してるそうです。今、84歳ですが、瀬川節は健在です。
posted by takoshacho at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月13日

最近、ポチの横暴がひどい!

 昼間、青山一丁目を普通に自転車を走らせていたら、ポチにいきなり「防犯登録見せてください」と言われる。おい、おい、何の理由もなく、人を外見で判断して、疑りやがって、若いポチめ!そこで、小生は「私も登録調べるなら、他の自転車に乗ってる人全部しらべてないとおかしいでしょう」と当然のことをいったら、何も言わず、引きさがりました。
 みなさん、なんでもポチの言いなりなってはいけません。
 むかし、泉谷しげるもいってましたよ。
posted by takoshacho at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月12日

10月14日の鉄道記念日は神保町シアターへ

台風も去り、この連休は映画ファンと鉄オタで、盛況です。
とくに「故郷は緑なりき」は満席になりました。本日の「銀心中」も満席。
最後の親子連れのお客さんは、1人のみ入れる状態で、息子さんが「お袋、良い映画だから観たほうがいいよ。俺は喫茶さぼうるで、待ってる」と年老いた母に言ってました。
お母さんは、一人でご鑑賞されましたが、終わった後、息子さんとどんな会話がされたんでしょうか? 映画は親子の絆を深めていくんでしょうね、きっと。
しかし、さぼうるは祭日休みですよ。
posted by takoshacho at 15:39| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記

2009年10月10日

禁酒できん・・・

恵比寿の定食屋・こづちに、9時ぐらいに食べに行くと、すわっただけで、ビールが出てくる。もう、呑むとわかってるから、出してくれるのだが、禁酒ができません。
茄子の漬物もサービスしてくれて、井出ちゃんが食べる。
とにかく、ここは、古い定食屋で、有名人もよく来るらしい。
生姜焼き定食800円はボリュームも味も絶品です。癖になります。
最近、女の子の一人客が増えて、司令塔もご機嫌です。
posted by takoshacho at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

へんりっく 寺山修司の弟、初日です。

本日は上映前にペーソスのライブあり。
しかも、ゲストで、末井昭さんがサックスで登場します。
夜8時50分、イメージフォーラムにてお待ちしてます。
posted by takoshacho at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月08日

企画会議!

今年も、恒例のローランズフィルムの企画会議。
かって、ブラックさんのライブや、むらけんの秘宝館ビデオとか、生んだ会議だった。
今回は、いまおかも参加、釣りビデオをさっそく、撮ることになる。
日本映画の将来は赤坂の「花の舞」で、盛り上がる!
posted by takoshacho at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月07日

実家の帰る!

 結婚パーティ以来、嫁帰るのは初めてだ。
本八幡駅中のとんかつの和光で、会食。
嫁とおそろいの黒い携帯を見て、ばばあは、「おそろいのブロックの携帯ね」と云う。
おい、それを言うなら、ブラックだろ!相変わらず、天然の母でした。
posted by takoshacho at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月05日

上野のコロッケバーガー

上野で、「サマー・ウォーズ」を見た帰り、スーパー吉池で、買い物。
惣菜売り場で、コロッケバーガーがあった。
でも、よく見ると、普通、バンズの中にコロッケがはいってるものなのだが、
ここのは、コロッケの間にレタスやベーコンが入ってるのだ。
そう、逆なのだ。味はなかなかいけます。
しかし、上野は侮れない。
posted by takoshacho at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月01日

夕刊フジの鉄道映画紀行の紹介記事載る!

世界初の鉄道映画祭として、書かれる。
小学館の担当に「ちょっと、大げさ!」って、思われる。
でも、少なくとも、日本ではいまだ、ないはずです。

電話の問い合わせも多い!
10月22日には、瀬川昌治監督の挨拶もあります。
とくに、女子の鉄オタが急増してるらしいので、初級入門者はぜひ、来てください。
ロビーでは機関車が走ってます・・・、って、ことはないけどね。
posted by takoshacho at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記